地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


ソウル市は市地域だけでもゆうに一千万人を超え、都市圏としては2200万人を数えます。これは韓国の全人口の4割以上、半分近くが首都圏に住んでいるという訳です。要するに「韓国すなわちソウル」というのが実際の所でしょう。ソウル市の人口一千万人の内訳は漢江の北側が500万、南側が500万となっています。特に目覚しく発展したのが南側です。江南を開発した1970年から江南でオリンピックを開催した1988年までの18年間で、ソウルの人口は550万人から1,030万人の約2倍に増加したのですが、江北の人口は430万人から540万人と約110万人増加したのに対して江南の人口は120万人から490万人となんと実に370万人も増加したのだそうです。大きい道幅の幹線道路が走りしっかりと区画整理をして新たな街造りをしたので実に綺麗です。大きなビルが建ち並び、企業の多くも北側から南側に引越しを行い、大ビジネス街が誕生しています。テヘラン路に立ちますと遥かかなたまで整然とビルが立ち並んでいるのが見え、ソウルの発展ぶりを窺い知れます。これらのビルに在る一流企業で働くのが韓国青年の希望なのでしょうね。南米最大の都市であるサンパウロのビジネス街パウリスタ通りも確かに立派ですが一本道を入ると普通の街並みになっており、ビル街、繁華街が線であるのに対してこちらソウルは面で街が発展しているのは大したものです。北側は朝鮮に近く朝鮮戦争の時に多くの人が南へ逃げる際に橋を渡る事が出来なかった、また橋を渡る際に橋が落ちて多くの人が亡くなったという歴史もあり、少しでも軍事境界線から遠い所に住みたいという心理もあるのでしょう。

繁華街の中心となっている江南駅から江南大路を歩いてみましたが、日本の銀座、ニューヨークの五番街、パリのシャンゼリゼ等と並ぶ世界的な通りになっているという印象です。整然とした感じは他には無い世界一かも知れません。街を走る自動車は大型の高級車が多く、歩く人も若い人が大半でお洒落で、昔のイメージとは様変わりです。特に女性の化粧の仕方は変わり、髪型は以前はパーマをかけている人が多かったのですが真っ直ぐに伸ばすようになって様変わりです。この江南は韓国の中でステータスシンボルとなっており、江北そして他の地域との格差は広がっているようで、不動産価格も上昇しているようです。韓国は国土が狭く人口もそろそろ頭打ちになって来るでしょうから今後も一本調子の発展は難しい事でしょう。将来の需要を見込んでどんどんと高層建築が建っていますがどこかで限界に達する事でしょう。交通渋滞も次第に深刻になっているようで高層住宅も多く、ある時期になりますと一斉に建て替えをしなければならない時期を迎える事でしょう、将来に向けた街作りを如何にバランス良く進めて行くのか今後の江南注目です。

ソウル・江南


2012-kankoku-001.jpg

2012-kankoku-004.jpg

2012-kankoku-057.jpg







スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/86-eb0b3be6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。