地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




日本の国旗は日章旗です。これは日本の常識であり、世界の常識でもあります。現在の世界は国家が基本でそれぞれの人は国家に属して生きています。外国で生活されている方は皆さん同じであると思いますが、国旗に敬意を表するのは常識で国際慣例として最も普及している事ではないでしょうか。自国の国旗は勿論、外国の国旗が掲揚され国歌が流れますと誰もが脱帽して直立します。日常の生活で学校で色々なイベントでしっかりと子供たちにも教えているのでしょう。日本では公務員の方が学校の教師をしている方の中で国旗に敬意を払う事を拒否している方がいるという事に驚いています。人に会った時に挨拶をする事は自身の信条に合わない、学校生活の中で時間を守らなくても問題ないという信条を持つ先生も認められるのでしょうか。国旗は国旗です、日本そして日本人の象徴が日章旗です。外国で誰かが日章旗を燃やすような行為をすれば不快ですし、国として抗議をするのは当然の事であると思います。将来子供たちが外国で恥をかかないようにする為にも国旗に敬意を払う事は大切であると教えるべきでしょう。

以前朝鮮に朝鮮戦争後初めてニューヨークフィルが訪問し平壌で公演を行いました。これは是非見たいと映像を探し見る事が出来ました。当然の事ですが朝鮮と米国の国旗が掲げられ、両国国旗に対して敬意を払い高らかに両国国歌が演奏されました、多くの朝鮮高官は敵として教えられた星条旗に向かい敬意を払いながら、世界的な交響楽団が奏でる米国国歌を聞くとは思ってもいなかった事でしょう、それでも当たり前の事ですが全員前を向き直立して敬意を払っていました。もしその中の一名でも敵の旗で自分の信条に合わないから座って横を向くという行動を取ったらどのような事になるのか想像するだけでぞっとします。好き嫌いは誰にでもあるでしょう、しかしながら国旗には敬意を払うという国際常識を教えない事は公務員として教師として行ってはならない事のように思います。世界一異常で世界の常識が通じないと考えられている朝鮮でさえも初めて見た敵国の国旗、国歌に敬意を払う姿勢を参考にしていただきたいと思います。またそれほどまでに日章旗を嫌うのであれば国民投票で国旗を選択するのも良いかも知れませんね、個人的には日本の象徴の旗として長く使用されていた旭日旗なども候補に加えても良いのではないかと思います。これであれば拒否をする教師に同情的なとある新聞社の賛同も得られるでしょう。




スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/84-24473da5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。