地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



韓国・朝鮮は日本の隣国、顔をみただけではほとんど区別がつかないし、習慣などはかなり似ている点もあります。日本に住んでいるいた頃、そう高校生時代に、日本ではこの隣国の情報が余りに少ない事に気が付き、疑問に感じると共に関心を抱くようになりました。それ以来この隣国に関して注目し、日本に居る時には出版された書籍が出ると必ずといって良いほど購入するようになり、今では200冊近くになっています。(パラグアイ日系人では多分一番多い事でしょう)歴史書籍、戦争(朝鮮戦争)、生活体験記、旅行記、料理の本と内容は様々ですが、色々な側面からこの国を見ておりますと、なかなか面白いものです。最近では趣味の覧に「韓国・朝鮮」と書くほどの凝り様です。そう南米が本業とすれば韓国・朝鮮が副業と言った感じしょうか。実はその昔はむしろ中国に関心があり、中国に憧れを抱いておりましたが、中国関係の歴史などの本等を読んでいますと段々と中間に位置するこの半島に関心が移って来ました。歴史・文化・料理、何を取っても面白いものです。

また現在は不幸な事に現在でも南北に分かれており、冷戦終結後の現在に至るまで分断国家になり、対峙しているというのも関心を誘います。南北それぞれの主張は未だに平行線のまま、双方とも究極の国家の目標として「南北統一」を掲げていますが、現実にはなかなか難しい問題が多いように思います。一度戦火を交えた双方の不信感はなかなか拭い切れないでしょう。停戦はしていますが、あくまで停戦で戦いは現在も続行中なのです。最近では北の不審船とか拉致などが日本のマスコミで取り上げられるようになっていますが、朝鮮・韓国ウォッチングを続けている者にとっては何を今更と思っています。また色々な朝鮮訪問紀が出ていますが、中には日本の常識から抜け切らずに「アレー」と思う事もしばしばです。最近もとある週刊誌で少女が「飼っている犬を食べた」と書き、北の食料事情がここまで悪化しているという書き方をしていましたが、朝鮮では「犬はご馳走で食用」、日本で豚を飼っているのと全く同じ感覚だと思うのです。

当地に来た当時は、南米に来て韓国は遠く離れたと思っていましたが、実際には同じ街の住人として韓国人と接する機会が多くなり、また好んで韓式料理を食べ、韓国食品店に足を運ぶので接点は増えるばかりです。一番強く感じたのは日本で接触していた韓国の方達は在日韓国人、2・3世の人が中心でアイデンティティーは韓国なのでしょうが、日本の文化・習慣にかなり深く入り、実際には韓国系日本人?という感じになっていると思います。当地の2・3世が日系パラグアイ人となり、考え方、仕草などが日本に住んでいる人と異なるとよく似ています。それに対して当地で出会う韓国人は当たり前ですが韓国の韓国人、ごく普通の人達です。在日の方々は常に日本と韓国、その両国を意識して生活をされていると思いますが、当地の韓国の人達は普段の生活の中では特に日本人を意識する事無く韓国で生活をされて来ている訳ですから違うのは当然ですね。正直に感じるのは日本人と違うがやはりよく似ているという事でしょう。これでは外国人から見ると区別がつかないでしょうね。1世はまだ仕草・服装などである程度は判りますが、2・3世になり、スペイン語で話をしていると全く区別が付きません。日本でも日韓新時代と言います、この魅力溢れる隣国をもっと知る必要があるように思います。双方で何か思い込みみたいなものが先行して、実態と懸け離れた韓国像、日本像になってしまっているように思うのです


韓国・朝鮮



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/79-f8f4b914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。