地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
小さい時に世界地図を眺めていて南米大陸とアフリカ大陸が形が似ていると思って見ていました。世界地図の一番右にある南米と左にあるアフリカ、意識の中では遠く離れていると思っていました。小学校に入り地球儀を買ってもらい、それまでの地図だけの世界観が大きく変わりました。グリーンランドの大きさはそれ程でもなく、南極大陸は帯状に広がっているわけでも無い事が理解出来ました。それまで見ていた地図は主にメルかトール図法と呼ばれるもので、世界を四角に表示しており、以前は航海などに利用されていたという事で見易いという利点はありますが、実際とはかなりかけ離れてしまっています。また日本で見る地図は当然のことながら日本を中心に描いていますので、一番右に南米大陸がそして一番左にアフリカ大陸が位置します。地図からはこの両大陸の距離は分かりません。地球儀をしっかりと眺めるようになりますと南米大陸とアフリカ大陸は近い事が分かって来ます。半分よりは少々大きい程度で緯度も似ており、形も何となく似ています。両者は似ていると勝手に想像していました。

実際に南米に居てアフリカを意識しますと「遠い」という印象があります。確かに距離から言いますと一番近い南米東北部とセネガル辺りであれば飛行機を使えば3~4時間程度の距離でしょう。ただ両者に経済的な必要性が余り無いので実際にはほとんど直行する便は無く、南米からは欧米、アフリカからは欧州に向かう便が大半です。実際に南米-アフリカ間で飛んでいるのはリオ-ルアンダ便などごく僅かでそれも少ないと思います。南米とアフリカは経済的には北半球の先進国からは同じような役割を担っているわけで補完関係は無く、経済交流もほとんど無いのが実際なのでしょう。ブラジルからアンゴラには直行便があり、経済的なつながりもある程度あるように聞きますが、これは両国が同じポルトガル語であり、ブラジルが経済的に大きな国になっており、アンゴラに対しては先進国的な役割を果たせるようになったからでしょうが、これはあくまで例外的なものであると思います。

南米から見ますとアフリカ大陸というのは余り関係が無い、遠い世界であると見てしまいます。欧米とは経済的にも文化的にも繋がりが強く関係は密であり、行き来も多い、近年は日本、中国、韓国を中心にアジア特に東アジア地域との繋がりも強くなっています。インド人も特に北部南米で多く居住しており、近い存在であると意識します。勿論南米にもアフリカ系の人達が多く居住します、大航海時代に労働力としてあたかも物資のように強制的に連れて来られた人達の子孫で当初は奴隷として扱われていました。アフリカからの移住者というよりは南米からの先住民であるインディオと同じような感じで見られているように感じます。ただパラグアイ、アルゼンチンなど南部南米ではアフリカ系の人は多くはありません。

アフリカに住んでいた人に「南米とアフリカは似ているのか?」と尋ねますと「似ている面もあるが、違う面も多い」という歯切れの悪い答えが返って来ます。南米もアフリカも広大であり、地域による差異は日本で想像する以上に大きいと思いますが、両者の違いも大きいのでしょう。地図を見ますとアフリカには50の国があります。これに対して南米は12です。アフリカ大陸と一口に言いましてもサハラ以北は地中海世界であり、緯度も日本くらいで、アルジェなどは東京よりも北に位置しています。住民も欧州人に近い人達です。サハラ以南がいわゆるブラック・アフリカで外からイメージするアフリカです。住民は黒人が多く、貧困で病気も多い地域です。南米は欧米人と先住民が基本となっています。アフリカには内戦が多く、飢餓があり、難民も多数居ます。これに対して南米はゲリラの活動がある程度で目立った内戦は無く、飢餓の問題もほとんどありません。

アジア、アフリカ、南米をAAAと称し発展途上地域としてひとまとめにされますが、南米は主に外からの移住者で社会が構成されており、かなり異なると思っています。アフリカとの交流が深まり両者が一体となり欧米に意見が出来るようになれば強力な勢力となると思いますが、実際にはしばらくは遠い世界として留まるものと想像します。南米から見て一番遠いのがアフリカという現状はしばらく動かない事でしょう。
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.05.23 22:38  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/78-aa6d6d49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。