地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


世界の人がどのような状況になっても日本人は落ち着き冷静に行動する事に驚いています。家族を無くし家等の財産を全て失ってもわめいたり騒いだりせずに行動する日本人というのは本当にすばらしいものです。地震が起きて約2週間経過し毎日東京に住む日本の家族が心配でNHKのニュースやインターネットを眺めておりますが東京に住んでいる人と話をしますとマスコミに惑わされる事もなく状況を分析し皆さん非常に落ち着いて行動されているのに逆に驚きます。日本人というのは非常時となった時に真価が発揮される民族なのかも知れませんね。他の国であればパニックになっていたかも知れません。

経済が下降気味で失業等の問題がある時に起きた災害、福島原発そして電力不足という問題をしばらく抱えながら復興に立ち向かわなければならない状況にあるのですが、皆さん淡々としている。国が元の状態まで立ち直るまでには相当の時間はかかるかも知れませんが問題を克服して何年後かには平和な国に戻り何事も無かったように見える事でしょう。大きな災害、戦争などを乗り切って繁栄を勝ち取って来た日本人は我々の世代にとっては今回の災害は大きな事件かも知れませんがこの程度の事は歴史的には何度も起きている事であり、日本民族にとっては大きな困難ではないのかも知れませんね。今回の日本人の冷静沈着な行動は世界で高い評価を勝ち取った事は間違いないと思います。確かに直接的な被害だけでは無く間接的な影響が大きく立ちはだかり経済や産業の落ち込みは大きいかも知れませんが戦後の復興の例のように日本人ならばもしかしたらその後は「V字回復」するのではないかと想像し期待してしまいます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/73-62ef8845

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。