地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


ワールド・ベースボール・クラッシックが開催され日本が二連覇を達成しました。何故日本が連覇出来たのか、そして韓国が強かったのか不思議に思う方も多いと思います。誰もがこのような大会を開催した場合には実力的には同じ条件で戦えば多くの大リーガーを有する米国が圧勝すると想像するはずです。第一回大会の前には米国が圧倒的に勝利するだろうとの予想が多く、大会を開催する狙いは大リーグの世界制覇にあるとさえ見られていました。実際にはほとんど大リーガーを有しない日本と全く居ないキューバとの決勝戦となり日本が勝ち米国の面目は丸つぶれとなりました。準備不足だ、選手の所属するチームの横やりが多かった、選手自体のエゴも多かったなど色々と言われていますが、決勝までも行けず敗退してしまい、「これからどう立て直し次回に臨むのか」という意見が結構出ていました。しかしながら今回はコールド負けで惨敗する場面もあり、何とか準決勝まで駒を進めましたが日本に完敗しました。試合前の雰囲気から日本の方が勝ちそうで余裕さえ感じられました。昔の日本からみますと考えられない事です。以前日本にはシーズンが終わると毎年米国の大リーグのチームが観光を兼ねて親善試合を行う為に日本に来ていました。各地で試合を行いましたが、両者の実力の差は歴然たるものがあり、日本野球のレベルの低さを思ったものです。その後王と長嶋の全盛時代に巨人が連覇をしていましたが、その秘訣というのがドジャーズ戦法の導入というでした。9連覇という偉業を達成出来たのは当時の米国の最新の組織野球を逸早く取り入れた事にあるという訳です。


それでは今大会での日韓の活躍、そして米国代表など米州の野球の不振はどこに理由があったのでしょう。それはこの大会に対する各国民の意識、その位置付けにあったように思います。日本と韓国は元々世界の中でもオリンピックが大好きでナショナルチームの活躍に一喜一憂していましたが、このような大会への意識の一番の転機はサッカーワールドカップの開催にあったように思います。両国の共同開催を通じて世界の強豪チームが集まりナショナルチーム同士の戦いが繰り広げられた事でそれまでのオリンピック中心のスポーツ観であったのがプロまで含めた最高レベルでの国の名誉を掛けた真剣勝負の面白さを知ってしまいました。この体験が両国民に浸透している所に3年前にワールドベースボールクラッシクが始まり両国の人達はこの新しい大会はワールドカップの野球版と理解したのです。サッカーのワールドカップに全く興味の無い自国で開催されるプロスポーツのみに関心を持っている米国民は勿論、カリブの人達もほとんどサッカーのワールドカップを真剣に楽しんだ経験が無いのでこの野球の世界大会が行われても位置付けがよく理解出来ない状況にあるのだと思います。オランダが大方の予想を覆して決勝トーナメントに進みましたが、オランダはサッカーワールドカップの常連国ですので日韓の人達と同じ考えでこの大会に臨みその結果が決勝トーナメントへの進出であったと思います。またサッカーに関して日本がワールドカップに連続して出場出来るようになったのはワールドカップという大会の価値と意義を国民がしっかりと理解出来るようになったからであると思っています。


日本チームの野手を眺めてみますと大リーグ所属と日本のプロ野球所属の選手が半々です。中軸は日本のプロ野球に所属している選手が主体で大リーグの選手は脇を固めているという感じでした。要するに混成チームの中で同じようなレベルである事が分かりました。韓国の選手はほとんど全員が韓国のリーグに所属している選手です。今回の大会を通じて決して大リーグが突出した存在では無い事がばれてしまいました。ワールドシリーズを自称して自国リーグの優勝チームを世界チャンピオンとして来た大リーグで今までは実力の差は歴然としていると考えられrて大きなクレームの声にはなってはいませんでしたがこれからは野球の世界化そしてナショナルチームの対戦が増えて来ると想像します。また、米国やカリブで行われるているベースボールと日韓などアジアでやっている野球とは同じルールの別のスポーツであるという意見を聞いた事があります。力強さだけでは無く緻密さとスピードを重視するアジアの野球がベースボールを変えて行くのかも知れませんね。米国は2回とも決勝にさえ出る事が出来ず面目丸潰れです。サッカーのワールドカップが始まった時にイングランドやスコットランド等の英国のチームは参加しませんでした。英国のチームと他の国のチームではレベルが違い過ぎるので相手にするの馬鹿馬鹿しい、当然英国で一番強いチームが世界一だと思っていたからです。その後ようやく世界の新しい潮流に気が付き参加するようになりましたが、思う程は勝つ事が出来ずサッカーのお家元であるイングランドが優勝したのはたったの一回だけです。米国が勝利に向けて選手を選び練習をして仕上げてくれば多分ダントツに強いチームになると思います。第三回大会で米国が本気で勝ちに来るのか注目しています。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/66-f833ad35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。