地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


世界のボーダレス化が加速しより経済的な場所を求めて資本・金が動いているように見えます。中国・インドに企業が進出するなど世界では大きな変化が起きています。国としての日本は人口も減り始め、財政の問題、高齢化の重しがこれから社会全体に降り掛かって来るでしょうし余り魅力が無いようにも見えます。日本人の中には自信を失い将来に悲観的な意見が多いのも理解出来ます。この中で世界を国対抗では無く都市対抗と考えると様子が異なると思うのです。シンガポールや香港など古くはヴェネチアなどが都市国家的な存在でしたが、世界の大都市は富を競って争っているように見えます。具体的には世界の株式市場は時差の関係上、ニューヨーク、ロンドン、東京で24時間をカバーしていますが、東京の地位を上海やシンガポールが狙っています。空のターミナルとしてはアジアの拠点としてソウルなどが設備の充実を行い東京・成田の地位を奪おうと懸命です。このようなアジア唯一の先進国としての優位性も失いつつあるように見えます。このような状況の中で東京の現在、そして将来はどうなるのでしょう、NHKで沸騰都市という番組がありましたが、最終回、世界の沸騰都市の中で選ばれたのが東京でした。本当に悲観的な状況なのでしょうか。個人的には東京は世界の中で特異な存在であり今後も膨張を続けて行くと見ています。確かに日本の負の面は大きいですが他のライバル達も多くの問題を抱えており東京の世界都市としての比較優位は動かない、むしろ今後ますます存在が巨大化しているのではないかと思っています。

東京に行き、中心部の帝国ホテル辺りに宿泊し、丸の内でビジネスをして銀座で食事をして空いた時間は皇居付近を散策して過ごすとします。これですとニューヨークのマンハッタン、パリのシャンゼリゼ通り、ロンドンのピカデリーサーカスと比較してインパクトは少なく静かな都市、特に超大都会とは感じないで帰国してしまうのでしょう。東京の凄さは広がりとポイントの多さそして鉄道網を始めとするインフラの強さにあるように思います。ニューヨークに行きますと五番街辺りの高層ビル群に目を奪われます。ただ地図を見ますとマンハッタン島は意外に小さくそして高層ビルが在るのはダウンタンに近い金融センターとミッドタウンに限られています。他の地域は想像以上に雑然としています。少し街から離れると大きなショッピングはあるようですが、まとまった街という感じではありません。世界の大都市の多くが似たような状況にあると思います。これに対して東京は首都圏に在るJR、私鉄のどの駅もある程度の街になっています。例えばよく利用する京王線においても笹塚、千歳烏山、調布等は大きな商店街がありますし、その他の各駅停車の電車しか止まらないような駅の周辺も大きな街になっている場所も多くあります。例えば国領駅周辺は最近は発展して目を見張るばかりですが、京王線を利用しない大多数の東京の人もこの街の存在すら知らないと思います、ただ、この程度の街であれば首都圏では多分数百か所はあると思いますし、その多くは知りません。このようにポイントの多さというのは凄いものがあると思います。アルゼンチンのブエノスアイレスは南米を代表する大都会でフロリダ通り、ラバージェ通りなどの繁華街がありますが、この程度の商店街であれば23区内は勿論、町田、八王子、吉祥寺、柏、大宮、横浜、千葉など首都圏には数十か所はあると思います。もう一つポイントの観光に関しても東京であれば日帰りで一年間色々な場所に行ける程見る場所があると思います。歴史名所の数、テーマパーク、博物館、美術館、数知れずです。近郊にも箱根、日光、熱海などを始め名所が数多く存在します、このような都市は世界にはまず無いと思うのです。そしてインフラと都市整備、安全性は世界にも類が無いと思います。東京の中にスラムが無い事も特筆するべきでしょう。地価が高騰し以前は比較的貧しい地区であった場所、工場地帯などが高層住宅に代わり建っています。

さて、東京の将来を考えますと放置しておいても世界の人々は調査を市より多くの人が東京に関心を示し更に巨大化して行くでしょう。世界の巨大都市の激しい競争の中で勝ち上がって行く可能性は大きいと見ています。その為にも観光で東京を訪問する人を増やし、そして少しでも長い期間滞在してもうら方法を模索するべきであると思っています。現在外国人そして永住者にJRパスなる鉄道のフリーチケットを販売していますが当然の事ながら私鉄・バスは利用出来ません。関東地方全域でほとんどの交通機関でパスネットが利用出来るようになっています。これを一定期間の固定価格で外国人用に販売するのが良いでしょう。3週間首都圏に滞在してもらうように努力して行くべきであると思います。外国人特に若い世代に日本に来て長期間滞在型の旅行をしてもらうよう努めて行くべきでしょうね。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/55-2b043b45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。