地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回の訪日ではかなりの日は通勤時間に出掛けて満員の通勤電車に乗りました。通常の訪日の場合には家を出る時間を少しずらして通勤時間帯を避けるのですが、今回は毎日のように朝早く中央に着く必要に迫られ、背広にネクタイというサラリーマンスタイルで通勤電車に乗り込みました。久しぶりのサラリーマン通勤で初日は昔を思い出し楽しくさえありましたが、二日目からはかなり苦痛に感じました。そして周りを見ますと以前乗って居た時と雰囲気が異なる事に気が付きました。

最寄の駅は京王帝都・京王線の西調布駅、ここから一駅各駅停車の電車に乗り調布から急行などに乗り換えます。ここからの電車は特に昔と雰囲気が異なってました。周囲を見ますと「おっさん」ばかりで女性の数が非常に少ない、女性が居ても多くは「おばちゃん」で、若い女性、女学生さんの姿がほとんど見えないのです。「女性専用車両」というのがあり、女性の多くはそちらの車両を利用しているので男ばかりのつまらない電車になっているようでした。新宿までおっさんばかりの満員電車に30分ほど揺られて行きましたが、何と味気なくつまらないものか、本当にがっかりしました。次の日には女性車両というのを外から覗き込んで見ましたが、女性だけの車両に乗っている皆さんは決して幸せそうには見えませんでした。周囲は女性の厳しい視線のみ、楽しそうではありませんでした。

友人にその話をしますと「自動車に何人乗れるのかギネスに挑戦するグループが居て試したところ、男性だけ、女性だけよりも混合するとたくさん入る事が分かった」との事でした。何でも男女で、でっぱっている場所と引っ込んでいる場所が異なるので多く詰め込むには混合の方が良いとの事でした。この理論によりますと女性車両を導入した事により男女が別々となり、より混雑がひどくなる事になります。学校などでは男女共学が当たり前の時代です、何で今更電車で男女を分ける必要があるのでしょうか?このような通勤電車をつまらなくなるような事には断固反対ですね。

2005-yotsuya-003.jpg


写真は京王線・西調布駅です。


スポンサーサイト

電車

2005.12.21 00:10 URL | #- [ 編集 ]

昔、下石原から矢野口へ抜ける、鶴川街道の拡張工事があった頃・・・・、
朝夕車のラッシュ時には、西調布駅前に抜ける裏道で、良く利用しました・・・、

小さな駅だったような、記憶ですけど~
随分、立派になりましたね~ ヽ(^。^)ノ

2007.06.19 21:24 URL | rakuten23 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/25-05f12521

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。