地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アスンシオンから東京に行くには長い飛行機を耐えなければ
なりません。30時間以上の長旅になり、単調な時間を過ごす事になります。飛行機の中で中で何か面白い事がないかと
キョロキョロするのは当たり前かも知れません。

さて、今回の旅行でアスンシオンからサンパウロ行きの小型の飛行機に乗りますと4列ほど前に見慣れた顔が見えます。よく見ますとサッカーのネルソン・クエバス選手です。通路を挟んで反対側の人と楽しそうに会話しているのでそちらを見ますと何とカルロス・ガマラ選手ではありませんか!(ナショナルチームの主将)

出発の前日にアスンシオンでワールドカップ南米予選の最後の試合があり、それを終えてそれぞれ自分の所属するチームのある国に戻っているところでした。

同行していた商工会メンバーに「ガマラが居るよ」と話したら「ガマラって誰だ」との答えでした。「サッカーのヒーロー、パラグアイの主将」と説明しても反応がありませんでした。サッカーに関心のない方には余り意味のないことなのでしょう。

なお、大統領歓迎レセプションで一番記念撮影をされてたのがFC東京のササでした。実際に会いますと長身で甘いマスクで雰囲気のある選手でした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy.blog32.fc2.com/tb.php/23-c7409814

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。