地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




日本は昨年まで40年続いたGDP世界第二位の地位を今年滑り落ちる事、成長著しい中国が今年も経済は好調でまず間違い無く日本を抜き去ることは確実視されています。戦後復興し高度経済成長を遂げた1969年に世界第二位の経済大国となり、以来日米欧の3極の一翼を担って来ました。大雑把に言ってこの3極は北米25、欧州15、日本10で世界の約半分を占めていました。明治維新の時には欧州列強は遥か高い雲の上にあるような目標でしたが半世紀近く経済の面では欧州の一国ではなく、全体と互角に渡り合って来たのは考えてみれば奇跡のような話で、当時の駐在員が自信満々で世界を闊歩していたのも当然かも知れません。世界第二位、相撲に例えるならば米国が東の横綱で日本が西の横綱でした。このような栄光の時代が40年も続き日本そして日本人はそれが当たり前のように思うようになっているように見えます。現在60歳の団塊の世代であっても社会に加わった時期には既にその地位にあった訳で日本で現在働いているほとんどの人にとって「日本は世界第二位の経済大国」が当然と考えているように見えます。冷戦が終わって以降も米国が日本を守らなくてはならないと考えていたのも日本が経済的には大きな存在であったからだと思います。

三位に転落した後にも人口が多い新興国の追い上げを受ける事になり次第に地位が落ちて行くと予想されています。あるサイトで2050年の予測が出ていましたが日本はインド、ブラジル、インドネシアなどに抜かれて8位というものでした。日本の対応次第に依っては時期が早まる危険すらあると思っています。アジアの盟主、新横綱の中国は現在世界にネットワークを張り巡らせ多くの人を送り込み着々と地位を固めています。米国も話し相手は日本から中国に変更し中国の意向を見ながら外交を進め世界経済を束ねて行く事でしょう。インド、ブラジルなどが力を付けて行きますと世界が「日本抜き」で進行して行くような時代が来るのかも知れません。ある人が「日本のギリシア化」という話をしていました。どうよう事なのか尋ねますと「誰でもギリシアは知っている、ただそれは過去の国としてであり、現在の状況に関してはほとんど知らないし関心も無い。日本もかつては経済大国として大きな存在であったという過去の国になってしまう恐れがある」というものでした。確かにこのような「日本のギリシア化」はあると思っています。既に世界の工場は中国等に移っており日本は既に世界の工場というものでは無くなっており日本抜きでも世界は十分に動いて行ける状況となっています。

横綱の地位からの転落は日本が世界の中で普通の国になる第一歩と言えます。世界の中で自国を特別な存在であるように考え高い生活水準が維持出来ると考えていると大変な事になるかも知れません。上昇している時、右肩上がりの時に生きるのは簡単ですが、下降局面にある時には相当な努力と備えが必要であると思います、維持して行くだけでも相当な努力と作戦戦略が必要になると思っています。世界に向けて何か主張を発信しても世界の受け止め方、扱い方が変化するのは間違い無いでしょう。外国に対してはお友達のように愛を持って対すれば応えてくれると考えていると相手はそのようには思っていないと片思いに終わり大きな不利益を被る可能性が大きいと危惧しています。普通の国として生きて行くには一種のしたたかさが必要であるように思いますが、この点が日本が一番苦手なのではないかと心配しています。相対的な地位が落ちて行くのを漫然と眺めていて仕方が無い等と考えていると加速して取り返しのつかない事になるかも知れません。社会をチャレンジ精神に富んだものにする必要があると思います。前向きにピンチをチャンスと捉えて挑戦をする人が若い世代から多く出て来ないと反攻は難しいかも知れませんね。



スポンサーサイト


今の日本を象徴する言葉が「草食系男子」であるように思います。伝統的な男らしさとは対極にあり真面目で静かで優しくおとなしい最近多くなっている男性の事のようです。男性的と言いますと従来ですと荒々しさやたくましさ汗まみれで戦うというようなイメージですがそれような今までの男性とは全く異なる印象があります。女子ともお友達関係が良いようでそれ以上の関係にはなかなかならないようです。確かに最近の男子、特に高校生・中学生くらいの男子を見ていますと昔と比較して身だしなみが良く、こざっぱりとはしていますが、何となく小さくまとまっているような印象があります、元気なのは女子ばかりというのが実情なのでしょう。

悪がき、ガキ大将のような存在は少なくなってしまったのでしょう。小さい時に近所の空き地に子供達が集まって遊んだ記憶があり、時には取っ組み合いの喧嘩をした覚えがありますが、現代の日本にはそのような大勢の子どもが自由に遊ぶような光景は無く、子供達は個々それぞれの家庭で育っているのでしょう。その家庭の中ですが子供は少なく兄弟が居ても一人、ひとりっ子も多いと思います。一般的な場合を考えますとお父さんは仕事に忙しくてほとんど教育には無関心というか時間が無いのでお母さんに全てお任せという状況になるのでしょう。女性達は子供をどのように育てるのかと考えますと彼女らの目指すのはいわゆる「良い子」だと思います。電車などで眺めていますとお母さんが子供に対して注意する一番の言葉は「静かにしなさい」です。特に騒がしくしている訳でもいたずらをしている訳でも無いのですが、子供にじっと静かに大人しく座っている事を要求します、これは多分家庭の中でも同じなのでしょう。女の子に対しては同性なので理解出来る部分も多く成長するに従い友人のような関係にもなるでしょうが、男の子に対しては成績の良い、真面目で優しい人になるよう求める事でしょう。教育に関してもとにかく成績重視で中身よりも偏差値、より有名なブランド大学への進学を望む事でしょう。男性にはある程度の野性味が必要だと思うのですが、小さい時から母の仕込みで荒々しさは抑え込まれて良い子にされてしまうのでしょう。子供が成長する際、特に男の子にとって父親の存在は大きいと思うのですが、日本においては子育てはほとんど母親に委ねられているのが実情でその結果がこの草食系男子の増加だと思うのです。遊び方にも変化があり、クラブ活動やクラブで管理された中でのスポーツはあるでしょうが、子供同士で体をぶつけ合いながらの遊びというのは無いでしょう。「オトメン」などいうマンガが人気でドラマにもなっていますが、実際にも裁縫や料理が得意でファッションなどに興味がある優しい男子が増えているのかも知れません。

また学校特に義務教育の小中学校では教師の多くは女性であり、運動会の徒競争で順番を付けるのは良くないので皆でお手々を繋いでゴールイン、危険なので騎馬戦とか棒倒しは止めましょうという事になり、ここでも大人しい良い子作りを目指しています。その結果が草食系男子であり、最近では男子学生の間ではスカート男子が登場し女装がブームなのだそうで、この傾向は続くような気がします。将来の日本はこのような草食系男子に託すのでは無く、たくましい肉食系女子に託すしか無いのかも知れませんね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。