地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日で私の仕事も正常に戻りました。引退まじかで、だいぶ仕事を減らしていますので、かなり仕事の時間的余裕がありますので楽です。日本滞在中に一番関心して見たのは、田町駅近くのホテルの9階の窓から朝6時過ぎに目が覚めて、下の歩道を見ていたら、永い行列が歩いていました。デモ行進と勘ぐりましたが、いちおう全員がバックサックか、肩から作業カバンを斜めにかっいで持っています。格好は皆さん作業着で、運動靴が多かった様でした。私は朝のシャワーを急いで浴びると、ロビーにある、朝食のバフェーを食べる為に降りていきました。しかし少し時間的に余裕が有りましたので、外に出て歩道を見ていました。外を掃除していたホテルの係員が教えてくれたのですが、近所のマンション工事現場に行く作業員の行列と教えてくれました。42階とか、もっと他に建設現場が有ると言っていましたが、巨大な高層建築の建設現場に働く労働者がこれだけ居るとは信じられませんでした。パーキングが少ないので皆さんが電車で通勤してくる様でした。電車が吐き出す作業員全員が並んで、ゾロゾロと歩くのですから、それは壮観です。ホテルの係員が教えてくれたのですが、沢山の南米からの出稼ぎ労働者が働いて居ると言っていました。確かに私の見ている前でスペイン語で会話しながら歩いている若い日系人のグループも見ました。底辺の労働者として、日本の建築産業の土台を支えていると感じました。羽田から飛んで、北九州市の6月に開港した飛行場から急行バスで小倉市内のモノレール乗り場近くで下車して、駅まで歩いていたら、道を尋ねた警備員が若い女性で、カタコトの日本語でダンプトラックの誘導をしていました。カタコトの日本語でモノレールの乗り場を教えてくれたので、ポルトガル語と感じましたので、『ムイト・オブリガード!』と言うと、満面の笑顔で答えてくれました。目が澄んだ青色でしたから日系の混血と感じましたが、こんな田舎の現場で仕事をしている出稼ぎ労働者が居ると思うと、日本の社会が変化と改革の中に居ると肌で感じました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。