地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
インターネットで新聞を眺めていましたら本日千葉ロッテの優勝パレードがあったというニュースがありました。リーグ戦は2位に終わりましたがその後の強さはたいしたもので阪神を4連勝して優勝しました。数年前までの不人気お荷物弱小球団のイメージは一掃され、強い人気もある球団に再生されたことに注目します。球団スタッフ皆さんの努力があったのでしょう。

ソフトバンクとのプレーオフの時期に丁度訪日し、ナイターを見ることが出来るのを楽しみにしていました。ところがどこの番組表を見ますと放送される予定が無い・・これには驚きました。パリーグの優勝を決める大一番、一年間の総括を行なう試合を放送しない、一体どうなっているのでしょう。巨人の消化試合について10月は放送しないという記事がありましたが、それは当たり前のことですが、優勝決定の試合を放送しないというのはどういった事なのでしょう。ラジオで実況を聞いていましたが、特に第3戦は思わぬ展開、ほとんど勝負が決していると思われた状況、9回ツーアウトからソフトバンクが驚異的な粘りを見せて延長戦を制して勝利、次の試合もソフトバンクが勝利して最終戦となりました。この試合はテレビ東京が中継をしていましたので見ることが出来ましたが、もしあの3戦で決着が付いていたらプレーオフは地上波では全く放送されないまま終わるところでした。パリーグは不人気で放送する価値が無いというのが放送局のスタンスなのでしょうが、巨人を放送すれば良いという時代は既に過去のものと思うのですが如何でしょうか?

そして日本シリーズ、日本に住んでいた時には日本シリーズが始まる前というのは特別な雰囲気がありました。両チームの監督があちらこちらの番組で取材され、両方のチームの戦力比較がされ、話題になったものです。今回は何となく盛り上がりも無く始まった感じです。緒戦は千葉ロッテの持ち試合で千葉ロッテの一方的な展開、コールドゲームのような内容と思ってテレビ観戦していましたが、終盤霧が濃くなりそのまま中止となりました。見ていて全く感動が無くつまらない、阪神のふがいなさが目立つ試合でした。第四戦もテレビ観戦していましたが、ある程度判官贔屓もあるのでしょうが、アナウンサーも解説者も阪神を応援している、視聴者の中には多くのロッテファンも居ると思うのですが、日本と外国との試合で日本を応援する感じで阪神を応援している・・これには少し違和感があります。国内チーム同士の対戦であればもう少し公平な立場での放送が出来ないものなのでしょうか?

千葉ロッテの強さは投手陣、攻撃陣共に充実しているので当然の事でしょう。渡辺、清水、小林宏の先発3本柱、これに加えて外人そして新人の久保がローテーションに加わり磐石でした。小林雅に繋ぐ小野、薮田、藤田などの中継もしっかりしていていました。攻撃はベニー、フランコ、李の3外人が活躍しましたが特筆すべきなのは西岡と今江でしょう。若い二人が大活躍した事は大きいと思います。これに実績のあるサブロー(大村)、福浦、堀辺りがしっかりしており、捕手では里崎が目立ちましたが橋本もおり、選手層の厚さでは現在球界随一でしょう。

来年ソフトバンクから大黒柱の城島が抜けるのは間違いないと思います。ソフトバンクは少し前のクリーアップトリオ、井口、小久保、城島を全て失うこととなり、戦力のダウンは仕方がない事であると思います。来年に関しては捕手の差で千葉ロッテの方が分が良いと思います。現在のプロ野球は連続優勝が出来難い状況にありますが、来年の千葉ロッテには大いに可能性があると思います。
スポンサーサイト
アスンシオンから東京に行くには長い飛行機を耐えなければ
なりません。30時間以上の長旅になり、単調な時間を過ごす事になります。飛行機の中で中で何か面白い事がないかと
キョロキョロするのは当たり前かも知れません。

さて、今回の旅行でアスンシオンからサンパウロ行きの小型の飛行機に乗りますと4列ほど前に見慣れた顔が見えます。よく見ますとサッカーのネルソン・クエバス選手です。通路を挟んで反対側の人と楽しそうに会話しているのでそちらを見ますと何とカルロス・ガマラ選手ではありませんか!(ナショナルチームの主将)

出発の前日にアスンシオンでワールドカップ南米予選の最後の試合があり、それを終えてそれぞれ自分の所属するチームのある国に戻っているところでした。

同行していた商工会メンバーに「ガマラが居るよ」と話したら「ガマラって誰だ」との答えでした。「サッカーのヒーロー、パラグアイの主将」と説明しても反応がありませんでした。サッカーに関心のない方には余り意味のないことなのでしょう。

なお、大統領歓迎レセプションで一番記念撮影をされてたのがFC東京のササでした。実際に会いますと長身で甘いマスクで雰囲気のある選手でした。

今回の訪日の際にも勿論実家に泊まりましたが、実家は東京の郊外、東京都三鷹市の野川の近くにあります。環境は非常に良いのですが反面不便ではあります。

2005-hou-007.jpg

2005-hou-009.jpg

2005-hou-008.jpg


東京品川区にあるパラグアイ大使館に参りました。昨年移転して現在は五反田の駅の近くにあります。目黒川に沿ったビルにあります。

2005-hou-004.jpg


入り口には「パラグアイ共和国大使館」とあります。カタカナの「ア」が小さい文字になっていますが、日本語の正式な表記は「パラグァイ」なのかも知れません。

2005-hou-005.jpg


中からの景色はなかなかのものです。

2005-hou-006.jpg

メルカード4を散策しているとどこかで見たような景色という印象があり、よく考えますと「吉祥寺」に似ていると思い当たりました。実際に吉祥寺に行き景色をみますと確かにどことなく似ている・・

2005-hou-001.jpg


路地の狭さ、売られ方、色彩・・共通点があるように思います。

2005-hou-002.jpg


吉祥寺の街で何時も長い行列が出来ているお店があります。ここのメンチカツは天下一品ということでこれだけの人が待っています。ただ、20個まとめて買うと安くなるそうで、皆さん沢山買い込んでいます。当然一人にかかる時間が長くなり待たせることとなり、行列が長くなっているようです。上手に長い行列を演出する見事な商法ですね。

2005-hou-003.jpg

日本には美味しいものがたくさんありますが、パラグアイでは食べる事が出来ないのが本場のカレーです。今回の旅行では自由が丘に美味しいカレー店があるというので出掛けてみました。



目黒区自由が丘1-24-3
03-3718-6157
サンガワ


2005-oct-068.jpg


入口付近に丸い饅頭みたいなものがあり、「これは何ですか?」と尋ねますと「はいそうです、ナンです」との答えでした。

2005-oct-071.jpg


カレーが美味しいのは分かるとしてここの名物はどうやらこの「ナン」にあるようです。ふっくらとしたもちもち感、非常に美味しいものです。


2005-oct-069.jpg


2005-oct-070.jpg


お勧めは平日の昼定食、1000円強と若干高目ですが、満足出来ると思います。

2005-oct-072.jpg

「自由が丘」に出掛けました。当方はここが生まれ故郷です。この街は大井町線と東横線との交差点として栄えて来ました。大井町線の緑ヶ丘方向から自由が丘の駅を望みます。この駅は最初は九品仏という名前だったそうですが、大井町線が開通しより近い駅を「九品仏」としてここは「自由ヶ丘」に改称したそうです。小さい時の記憶では「自由ヶ丘」であったのですが、現在では「自由が丘」と表記されているようです。


05-nov-007.jpg


生まれた場所は世田谷区側、地名では世田谷区奥沢で自由が丘駅から5分の場所で実際に行きますと現在は駐車場になっています。家の前には九品仏川というドブ川があったのですが、現在は暗渠化されて、遊歩道・公園になっています。

05-nov-005.jpg

05-nov-006.jpg


亀屋万年堂があるので覗いてみました。洋菓子の「モンブラン」と共に自由が丘の象徴とも言える存在で、王選手の「ナボナはお菓子のホームラン王です」で有名ですが、これは確か当時の巨人の先輩で国松という選手から依頼されたものと聞いています。国松選手は背番号が36、外野手で長身でメガネをかけていたと記憶しています。

05-nov-008.jpg

05-nov-009.jpg

05-nov-010.jpg


「モンブラン」にも行きました。幼少の時分、母によく連れて来てもらいました。乳母車の時代から来ていたそうです。当時にはこのようなお店はまだ少なく珍しい存在であったようですが、現在ではごく普通のどこの街にもある洋菓子店という感じですね。実際に中に入りますとなんとなく風格みたいなものがあります。自由が丘に立ち寄る機会がありましたら、こちらでお茶をされてみては如何でしょうか?

05-nov-012.jpg

05-nov-011.jpg


自由が丘には面白いレストランがたくさんあります。奇抜なものが多く目をひきます。洋麺屋とありますが、メニューを見ますと普通のパスタの店です。イタリア料理と書かずに洋麺とすると多少とも注目されるのでしょう。競争相手が多い中で皆さん色々と工夫されているようです。

05-nov-013.jpg



05-nov-014.jpg

大統領の歓迎レセプションが全日空ホテルで開催されました。大きな会場に多くの人で賑わっていました。演奏はルシア塩満さんとお弟子さんが努めました。

2005-oct-059.jpg

2005-oct-063.jpg



挨拶はベラ商工大臣が行いました。何故か大統領の挨拶はありませんでした。

2005-oct-060.jpg


メルコスール4ヶ国の大使と大統領が一緒に壇上に上がりました。

2005-oct-061.jpg


多くの方が集まり「パラグアイ」で盛り上がりました。最後は小田俊春日本人会連合会会長が音頭をとりパラグアイ関係者が壇上に上がり記念撮影を行いました。


2005-oct-062.jpg



ルシアさんのメンバーのアップです。ルシアさんは京都そして東京でこの昼、そして夜演奏を努めました。大統領もリラックスして楽しんでいました。

2005-oct-064.jpg



2005-oct-065.jpg

2005-oct-067.jpg

2005-oct-066.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。