地球の反対側で考える(パラグアイから発信)

「パラグアイに行こう」の作者が地球の反対側で考えた事を綴ります。また訪日した感想も綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本の食材で一番食べるのが「納豆」です。今まで知らなかったのですが「納豆の日」というのがあり、「なっとう」から「7月10日」なのだそうで、丁度当方の誕生日にあたります。納豆の原料は大豆ですが、当地にはあり余る程の大豆があり、納豆は造る人が居れば簡単に手に入る食材です。この納豆のルーツは中国雲南地方なのでそうですが、現在では日本を代表する食材と言えると思います。よく日本のテレビで外国人に日本食材の中で苦手そうなものを食べさせる企画がありますが、梅干などと共によく登場します、食べ慣れないと難しい食べ物なのでしょう。最近大阪の番組で「納豆を毎日食べるとやせる」という紹介があり、全国的に納豆が品薄になる事件がありました。この放送の内容自体は嘘であったようですが、確かに納豆は良い食品であると思います。たんぱく質を肉では無く豆から摂ると良いと言いますが、納豆は最適な食品であると思います。普通の豆ですと調理しなければ食べられませんが、納豆であれば出してかき混ぜて醤油を少々入れれば直ぐに食べる事が出来ます。

知り合いの渡部さんが「田中さん納豆を毎朝食べると良いよ、僕はそれを始めてから調子がすごく良くなった」と言うのです。なるほど、でも買いに行くのが面倒だと答えると「いやいや30個くらいまとめて買えば配達してくれる」と言うのです。なるほどそれは良いと早速納豆を作っている方に電話し30個届けてもらいました。日本では大体100円前後、99円くらいと聞いていますが、当地では3千グアラニ、75円します。日本の物価と当地の物価から考えますと多少高い印象がありますが、多分1個の分量は倍以上あると思います。豆も日本は何となくひ弱な小さいものが好まれますが、当地では大粒の大豆が使用されています。冷凍庫から出して少し常温で置いていただきますが、歯ごたえがあるのでよく噛んでいただきます。勿論ねぎを刻んで入れます。当地ではねぎは非常に安く、一週間納豆に入れる程度の量であれば千グアラニ、25円程度です。毎朝納豆一個を椀に入れ、よくかき混ぜ、エンカルナシオンで作っている醤油を少々入れ、近郊の日系農家が作るねぎを加えていただきます、純粋にパラグアイ製ですが全てのものが当地日系で作っているものです。これを始めてから約1ヶ月経過しました。当方の朝食は「納豆」「野菜」「果物」で、以前納豆を食べていなかった時には直ぐに空腹になりましたが、最近は腹持ちも良く胃腸の調子も快調です。当地の日系レストランにもメニューの中に「納豆」があります。当地に来られましたら是非とも「納豆」を試して欲しいものですね。

さて当地では牛肉の食べ過ぎで肉から豆に切り替える人が多くなっています。大豆で作った「人造肉」なる奇怪な商品が並んでいます。我々から見ますと大豆は大豆らしく「納豆」「豆腐」としていただけば良いと思うのですが、食習慣の違いからなかなか難しいようです。友人で何でも食べる、韓国料理の「犬鍋」まで食べたという豪傑が居るので試しに勧めてみましたが、やはり納豆だけは難しいようです。見た目、臭い、べとべとしているので食べる気が起きないのでしょう。小さい時から食べているので何でも無いのですが、知らない人から見ますとよくあのような物を食べている・・と見られているのでしょう。肉の食べ過ぎで成人病の多いパラグアイですが、大量にある大豆の有効利用、食生活の改善には納豆が一番であると思うのですが、実際に普及するとなると難しいのでしょう。
スポンサーサイト
日本には美味しいものがたくさんありますが、パラグアイでは食べる事が出来ないのが本場のカレーです。今回の旅行では自由が丘に美味しいカレー店があるというので出掛けてみました。



目黒区自由が丘1-24-3
03-3718-6157
サンガワ


2005-oct-068.jpg


入口付近に丸い饅頭みたいなものがあり、「これは何ですか?」と尋ねますと「はいそうです、ナンです」との答えでした。

2005-oct-071.jpg


カレーが美味しいのは分かるとしてここの名物はどうやらこの「ナン」にあるようです。ふっくらとしたもちもち感、非常に美味しいものです。


2005-oct-069.jpg


2005-oct-070.jpg


お勧めは平日の昼定食、1000円強と若干高目ですが、満足出来ると思います。

2005-oct-072.jpg


久しぶりに横浜中華街に出掛けました。土日は人気店では長い行列が出来ていています。余り混んでおらず美味しい店はどこかと考え、「鴻昌」に入りました。

2005-oct-043.jpg


値段はまずまずなかなか美味しい中国料理が出て来ました。

2005-oct-044.jpg

2005-oct-046.jpg

2005-oct-045.jpg

横浜中華街に行きました。親戚が横浜、両親の出身は横浜なので、ここには小さい時から来ていました。親戚が集まり会食ということであれば、中華街、お祝い事も中華街という感じです。

2005-oct-052.jpg

2005-oct-054.jpg


道の混雑は大変なものですね。

2005-oct-053.jpg

2005-oct-056.jpg

2005-oct-057.jpg


この粥のお店には社会人になってから通いました。値段も味も良いので大満足でしたが、現在は超人気店で長い行列が出来ています。

2005-oct-058.jpg


一番行ったのがこのお店、学生時代には友人たちと通いました。こちらも長蛇の列です。雑誌などで紹介されているのでしょうね。

2005-oct-055.jpg

日本滞在中に必ず行くラーメン屋がある。桂花という熊本ラーメンのお店です。少年時代、4年間九州に住んでいてラーメンは熊本風が好きになり、新宿にあるこの店が出来て以来、通っている。この店の東京一号店がここなのですが、とにかく狭い。

場所は新宿駅の近く、新宿二丁目にあります。


2005-oct-027.jpg


正面から撮影してもこれだけの大きさしかない。

2005-oct-024.jpg


中に入るとやっと数人が座れる広さ、後ろを通るのも大変です。

2005-oct-025.jpg


出て来るのは本格的な熊本ラーメン、麺は太く固く、スープは濃厚です。くせの強い味で最初は抵抗があると思いますが、これに親しむと止められません。

2005-oct-026.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。